ブログトップ

cogibull.exblog.jp
椎間板ヘルニア
b0011184_0554220.gif最初に気づいたのは、7月中旬ぐらいでしょうか。
いつもは元気良くベッドに飛び乗ってくるはずのラナが、飛び乗るのを躊躇し始めました。

腰でも痛いのかな?と思い、腰の部分を撫でるとラナはビクッとする反応。
これはおかしい・・・と、かかりつけの病院に。

レントゲンの結果、特に異常がなかったので、腰でも捻ったのでしょうということで、痛み止めをもらい、とりあえず安静にして様子見です。
薬を飲んだその日と翌日は薬が効いていたようで、普段通りの元気良さでした。




だがしかし。
数日経つと後ろ足がヨタヨタとなり、歩行に支障をきたすほどに。

これは胴長の犬に多い症例・椎間板ヘルニアっぽいなと、もう一度病院へ。
これ以上、レントゲンではわからないためMRI検査をする事にしました。

福岡市でペットのMRI検査ができる施設は『海の中道動物病院』だけなのですね。
なので、ラナもそこで検査を。

全身麻酔のリスクを乗り越えての検査の結果、やはり椎間板ヘルニアでした。
先生曰く、6ヶ月間安静にしておくようにとの事。

ということで、我が家のラナは散歩禁止の安静6ヶ月生活に突入です。
年内の散歩禁止というのは辛いですが、しっかりと治さなきゃね。
[PR]
by cogiXcogi | 2008-08-15 23:55 | コーギー
<< 年賀状アイデア サボり期間中に >>