ブログトップ

cogibull.exblog.jp
踵べろーん
b0011184_2321030.gif今日は大阪への日帰り出張。
黒のパンツ&ベルトだったので、黒の革靴で出発。
この革靴、10年程前に購入したものであるが、年に数回しか履かないため見た目OKな品物。

だがしかし、これが失敗だった。

異変に気付いたのは、新幹線に乗る直前。
右足の踵に違和感感じたので、ガムでも踏んだのかな?と思い見てみると、踵部分の靴底がビロ~ンと剥がれているじゃありませんか!
辛うじて前半分がくっついてる状態。
こりゃヤバイと思ったものの、新幹線をパスするわけにもいかず、右足を引きずりながら乗車です。

席に座り、色々と修復を試みたのですが、如何せん手荷物の中に使えそうなものがない。
シャープペンの芯を一定の長さに揃え、針替わりに複数本突き刺してみるも、明らかに強度不足で即折れる始末。
これ以上やっても無駄・・・と思い、車内作業は諦めました。

とりあえず、JRの改札を出るのは京橋なので、そこまで耐えようと決意。

新大阪で新幹線を降り、なるべく刺激を与えないようにゆーっくりゆっくりと移動。

ところが、JR乗り換え口に到着寸前で、突然右足が軽く!
HAHAHAHA、努力の甲斐空しく完全に靴底が分離ですよ。

すばやく靴底を回収するとカバンに突っ込み、左右で高低差が発生していることを悟られない様にその場から離れました。

しかし、どう見ても異様なんですよね、靴が。

仕方がないので、構内にあるコンビニに飛び込み、ジェル状瞬間接着剤を購入。
乗り換えのホームの端で、修復作業を行いました。

といっても接着面を綺麗にすることもできないので、ジェルの接着力に頼るのみ。
接着剤のほとんどを使い、接着後は全体重を右足にかけ、しばらくの間はじっと我慢の子です。

とりあえず歩いてみると大丈夫っぽいので、次の電車で大阪まで移動。
環状線に乗り換えのため大阪で降り、ホームを移動です。

ところが・・・。
階段を下りて歩いていると、違和感が再び・・・。

HAHAHAHA、今度は左足の踵の部分がビロ~ンと剥がれ始めてるじゃありませんか。
経年劣化とは、平等に訪れるとシミジミ実感しましたよ。

ほとんど使い果たしていた接着剤を搾り出し、とりあえず踵部分を固定。
再び刺激を与えないように、ソローリと環状線に乗り込み、どうにか京橋へ。

ここにはダイエーがあるので、一目散に靴売り場へ。

HAHAHAHA、靴売り場の10m手前ぐらいで右足の靴底が、今度はつま先の方から剥がれ始める始末。
ここまで来たら開き直りですよ。

パカパカと音を立てながら、靴を購入です。
さすがにシャープペンの芯が刺さってたり、ゴミを含めて接着剤で結合した靴を修理に出すのは気が引けたので、靴屋でその靴は処分してもらうことに。

精神的に疲れ果て、打ち合わせはボロボロだったのはナイショです。
[PR]
by cogiXcogi | 2007-06-25 23:34 | 雑記
<< 扇風機 落ちたビースト、羽ばたく鷹 >>